家を建てるのに最低貯金はいくら必要?貯金の上手な溜め方

家を建てる知識

 

家を建てるのに最低貯金はいくら必要なのでしょうか。今回は、目標貯金の金額と、上手な貯金方法を紹介いたします。

 

家を建てる最低貯金はいくら?

家を建てる最低貯金はいくらでしょうか。

 

家を建てる 最低貯金

 

どんな値段の家を建てるかによっても最低貯金額は変わってきますので、金額別に見てみましょう。

 

1,500万円の家を建てるための最低貯金額は?

1,500万円の家を建てるための最低貯金額は、「350万円」です。

 

1,500万円の家はそこまで高いわけではありませんが、それでものちのちのことを考えると、年収程度の金額は必要になりますし、頭金も視野に入れておきたいです。

 

2,000万円の家を建てるための最低貯金額は?

2,000万円の家を建てるための最低貯金額は、「500万円」です。

 

1,000万円代と2,000万円代ではやはり広さや間取りに差があるので、諸費用分を多めに貯金しておきたいです。

 

2,500万円の家を建てるための最低貯金額は?

 

2,500万円の家を建てるための最低貯金額は、「550万円」です。

 

同じ2,000万円台なら、諸費用にそこまで差は出てきません。そのため、2,000万円の家と同額程度の貯金があれば対応できるのではないでしょうか。

 

3,000万円の家を建てるための最低貯金額は?

 

3,000万円の家を建てるための最低貯金額は、「650万円」です。

 

平均的な金額ですので、家を建てる際の平均貯金金額(500万円~700万円程度)くらいは持っておきたいです。

 

3,500万円の家を建てるための最低貯金額は?

 

3,500万円の家を建てるための最低貯金額は、「700万円」です。

 

平均より少し高めではありますが、諸費用等は3,000万円の家と大差ない傾向ですので、貯金とのバランスを調整してください。

 

4,000万円の家を建てるための最低貯金額は?

4,000万円の家を建てるための最低貯金額は「900万円」です。

 

このレベルになると頭金も多少あったほうがローンを払う際に便利ですので、貯金や諸費用に余裕があるなら、多めに払ってしまいましょう。

 

5,000万円の家を建てるための最低貯金額は?

5,000万円の家を建てるための最低貯金額は「1,100万円」です。

 

高級住宅ですので、諸費用もその分かかります。貯金のバランスも考えなくてはいけないので、多めに貯金しておきましょう。

 

ただし「頭金」に関しては、実はケースによっては「0円」でも銀行はローンを組んでくれます。住宅ローンは社会的信用さえあればある程度は寛容です。

 

家を建てるとき貯金いくら残すべき?

家を建てるとき、貯金いくら残すべきでしょうか。

 

家を建てる 貯金 いくら残す

 

今回紹介するのは、頭金とは別に貯金をいくらか残す必要があります。なぜなら、家を建てた後の生活もあるからです。

 

結論を先にいいますが、貯金いくらか残すとしたら、おおよそ「家族1人につき50万円程度」を目指してください。

 

ただ、家を建てた直後にお金がかかるといっても、500万円も残しておく必要はなく、100万円~250万円程度あればなんとかなるケースが多いです。

 

家を建てた後に起こりうる貯金いくらかないと困る事案に関しても紹介しておきますので、参考にしてください。

 

家を建てた後に起こりうる問題

① 子供の就学

子供がいる場合、年月が経つにつれ必要経費も多くなります。特に、家を建てた直後に「小学校から中学校に上がる」など、学校が変わる子供がいる場合、貯金いくらかはとっておきたいです。

 

なぜなら、制服代、教科書代、場合によっては定期券、部活の道具など、必要となるお金がたくさんあるからです。

 

② 従来の家具が合わない

従来の家具が新築と合わない可能性もあります。特に、カーテンや証明がネックですよね。

 

そのため、予想外の出費に悩まされるかもしれません。その予想外の出費をカバーするには、貯金をいくらか残しておくのが一番でしょう。

 

③ 予想外の修繕費

家を建てた後ですので完全に綺麗な状態ですが、子供が壁や床の一部を壊したり、季節によってどうしても困る問題が出てくるかもしれません。

 

その場合修繕費が必要になりますので、貯金から切り崩す必要があるでしょう。

 

家を建てる貯金なし、親に借りる、もらうときの注意点

家を建てる貯金なしで、お金を親に借りるかもらうときの注意点を紹介します。

 

家を建てる 貯金なし 親に借りる もらう

 

貯金なしで親からお金をもらうことができれば、借りていない銀行にお金を返す必要はありません。そのため、ローンを払わなくていいのは確かな利点です。

 

しかし、貯金なしで親からお金をもらった場合、「贈与税」がかかってしまうことはご存知でしょうか。

 

貯金なしでお金をもらった場合、「年間110万円以上お金を得た」場合の税金である贈与税の対象になるので、何も対策せずもらったお金を通帳に入れた場合、税金を払わなくてはいけません。

 

しかし、貯金なしなのは変わりないので、お金はもらうか借りる必要があることも変わりません。そんなときは、「申請して免除してもらう」ようにしましょう。

 

家を建てる際、貯金なしで親からお金を貰った場合は、「非課税」の対象にもなります。

 

そのため、ちゃんと「家を建てるためにお金を貰いました」と申請すれば、贈与税を払わなくて済みます。

 

申請に必要な書類や証明(貯金なしで親からお金を借りた場合)を市役所等で聞いておいてください。

 

また、お金の貸し借りですので「家族間のトラブル」にも注意してください。お金を借りて家を建てた後も貯金なし状態に陥り、お金が返せないと間違いなく信用を失います。

 

そうなった場合、いくら自分の親であろうが、もう自分たちを助けてくれなくなる可能性もあります。

 

家を建てる貯金方法、上手な貯め方

家を建てるための貯金方法や、上手な貯め方を紹介していきます。

 

家を建てる 貯金方法

 

毎日の生活でどうしてもお金が必要な場面はやってくるので、効率のよい貯金方法を考えなくてはいけません。

 

一番確実なのは「財形貯蓄」と呼ばれる貯金方法です。

 

この貯金方法は、企業などに務めている人が任意で加入することができる制度で、企業側から金融機関にお金を預けてくれる貯金方法となっています。

 

貯金するお金は自分の給料ですので、その分手取りが少なくなってしまいますが、強制的に貯金することができる貯金方法ですので、何としても家を購入した人にはおすすめできます。

 

さらに、財形貯蓄を続けていると「財形住宅融資」を金融機関から受けることもできます。本来のローンの金利よりも低い状態で融資を受けることができるので、非常にお得です。

 

あとは、なんとか生活費を減らすため「節約」をしてください。従来の貯金方法と変わりませんが、生活に工夫を加えるだけでどんどん貯金が貯まるようになります。

 

電気代、通信料などを切りつめたり、食費を少し削ったり、贅沢をしないような生活を心掛けると成功する可能性が上がります。

 

財形貯蓄のような強制的に貯金する貯金方法と違い、自分の意思でぶれる貯金方法ですので、「絶対に家を買うんだ!」という強い意思を持って行動に移してください。

 

もちろん、財形貯蓄も節約も、継続して行わないと全く意味がありません。