家を建てるハウスメーカーランキング!口コミや強みから厳選

業者を選ぶ

 

理想の家を建てるために、ハウスメーカー選びは何より重要です!

 

たくさんあるハウスメーカーの中から、自分たちにマッチした家を建ててくれる会社は一体どうやって探せばいいのでしょうか?

 

家を建てるハウスメーカーランキング、ベストテン!

まずは家を建てるための各ハウスメーカーをランキングにしてみました。

 

家を建てる ハウスメーカーランキング

 

家を建てる際のきっかけとして、ここから一緒に勉強していきましょう。

 

家を建てるハウスメーカーランキング1位は積水ハウス!

やはりハウスメーカーとして、ダントツの着工件数というのが最大の魅力。商品ラインナップも豊富で、平屋から3階以上の多層階住宅まで幅広く取りそろえています。

 

シンプルながら飽きのこないデザインも、多くの方に支持されているハウスメーカーのポイントです。

 

最近ではハウスメーカーにはめずらしい、空気環境に配慮した『エアキス』という仕様を導入。

 

化学物質の抑制と全館空調を含めた空気清浄を行うことで、人が常に吸い込む空気を改善するシステムです。

 

合わせて太陽光発電や蓄電池など、先進技術も積極的に採用。高断熱化も行うことで、住む人だけでなく地球環境にも配慮しています。

 

このあたり、さすがトップのハウスメーカーです。耐震性能においては、オリジナルの制震システム『シーカス』を採用しています。

 

壁の中にあるダンパーが、地震エネルギーを吸収するというものです。剛性を高めるだけではない耐震設計も他のハウスメーカーとの違いです。

 

なにより販売実績No.1ハウスメーカーということは、施工面や長期のアフターサービスなどにおいても安心できますよね。

 

家を建てるハウスメーカーランキング2位は一条工務店!

一条工務店はハウスメーカーの中でも性能を売りとしています。ハウスメーカーとして、最近のトレンドは省エネ。これには高断熱化が必須となってきます。

 

断熱性能の表すものとしてUa値というものがあります。一条工務店はUa=0.28でハウスメーカーの中ではトップに君臨します。

 

この数字を生み出すのには、ダブル断熱や樹脂サッシなどは必須になってきます。

 

また、長期優良住宅を標準としていることなど、耐震性や耐久性においても他のハウスメーカーとは違います。

 

また、モデルハウスを標準仕様としていることも、購入する側からすればわかりやすいポイントです。

 

ハウスメーカーの規模としては積水ハウスには及びませんが、創業40年という会社の歴史は信頼の証かと思います。

 

家を建てるハウスメーカーランキング3位は住友林業!

社名が示す通り、木の良さを売りにしているハウスメーカーです。着工戸数もハウスメーカーの中では5本の指に入るぐらいの位置にいます。

 

CMでもおなじみですが、大断面の木材を使ったビッグフレーム構法が有名で同じ木造ハウスメーカーと比べると、構造の強さは見て感じ取れます。

 

木材の接合部なども金物を利用した新しい方法で、木造住宅ながら大開口を実現できるのは魅力的です。

 

空気環境に関しても、全館空調を採用。断熱性能においてもハウスメーカーとしては上位にランクインするため、非常に快適な空間になるかと思います。

 

デザインに関しては、伝統的な和の要素を取り入れながらもシンプル。落ち着いた印象の中に高級感を感じさせます。

 

家を建てるハウスメーカーランキング4位は旭化成ホームズ!

ヘーベルハウスの名前で展開していますが、他のハウスメーカーと比べラインナップに違いがあります。

 

というのも、狭小地での多層階住宅を得意としており、都心部などでのシェアが大きいのが特徴です。

 

それを実現しているのは外装材です。一般的なハウスメーカーは窯業系サイディングを使っていますが、ヘーベルハウスではALCを採用しています。

 

ALCとは発泡コンクリート板のこと。耐久性はもちろんのこと、防火性能に優れています。それによって都心部の規制の厳しいところでも、鉄骨の住宅を建てることが可能になっています。

 

断熱性能においてもハウスメーカーの中では上位ですが、耐久性もすばらしいです。

 

それが、ロングライフプログラム30年目までを無料補償としていることも驚きですが、その後60年目までを長期的にサポートするプログラムです。

 

このあたりも、他のハウスメーカーには無い点です。

 

家を建てるハウスメーカーランキング5位はスウェーデンハウス!

その名の通り、スウェーデンの住宅をモデルとしているハウスメーカーです。

 

そのコンセプトは「100年住継いでいく家。高気密・高断熱。家族を守る強い家づくり」であって、標準仕様にも特徴が表れています。

 

高気密・高断熱はもちろん、それに合わせた換気システムの採用。何より木製サッシ+トリプルガラスは他のハウスメーカーでは見られないポイントです。

 

それも北海道からスタートしたハウスメーカーということを考えれば納得かもしれません。今では全国で、その性能の必要性が求められています。

 

家を建てるハウスメーカーランキング6位はダイワハウス!

ハウスメーカーの規模としては、積水ハウスに次ぐポジションです。ラインナップも同じぐらい豊富で、住宅においては木造と鉄骨造の両方あります。

 

ハウスメーカーの中では比較的早く高断熱化に着手した会社であり、「外張り断熱」という言葉を広めたのはダイワハウスのおかげです。

 

CMも多く流れていますが、高い天井も売りの一つです。

 

最近ではGoogle Homeを利用したコネクティッドホームを提案し、住宅のIoT化を進めているハウスメーカーでもあります。

 

家を建てるハウスメーカーランキング7位はミサワホーム!

今ではすっかりおなじみとなりましたが、『蔵のある家』が特徴のハウスメーカーです。1階と2階の間に収納を設ける。一見簡単そうで難しい点が多々あります。

 

そこをクリアーし商品化したのは、さすが大手ハウスメーカーといったところでしょうか。

 

南極の観測基地の建設にも協力しており、そのノウハウは断熱性能にも生かされています。

 

現在では全棟ゼロ・エネルギー住宅を実現し、省エネはもちろんのこと『我慢しない省エネ』というのが大きなポイントになっています。

 

家を建てるハウスメーカーランキング8位は三井ホーム!

ハウスメーカーの中ではフルオーダーメイドという言葉がぴったりかもしれません。建築家による自由設計が大きな特徴で、そのデザイン性は設計事務所に匹敵するものです。

 

標準的なデザインは欧風のデザインで、女性的な印象も感じられます。

 

三井ホームの外観デザインは他のハウスメーカーとの違いを感じやすいものになっており、多くの方がそのイメージを実現したくて購入されています。

 

省エネに関しては、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の基準を標準としており、太陽光発電も搭載しています。

 

家を建てるハウスメーカーランキング9位はタマホーム!

着工戸数としてはダイワハウスと同等のハウスメーカーです。その特徴は価格面。上位ハウスメーカーよりもリーズナブルな価格で、若い方から支持されています。

 

低価格ながら必要なものはそろっており、省エネ基準や長期優良住宅など、最新のトレンドには対応できるようになっています。

 

また、全国各地に単独の展示場を設けおり、一か所で複数のモデルハウスが見られるのも特徴です。購入する側としては、『わかりやすい』のでありがたいです。

 

家を建てるハウスメーカーランキング10位はヤマダホームズ!

名前の通りヤマダ電機グループですが、元々はエス・バイ・エルというハウスメーカーです。

 

基本的にはその流れを汲んでおり、デザイン的にもシャープな印象だったり、和の要素を感じられるのが特徴です。

 

親会社の影響もある、他のハウスメーカーと違って家電との連携が一つの売りです。そのため、太陽光発電やIoT化などにも積極的です。

 

新しいタイプのハウスメーカーになりますが、規模や拠点の多さを考えても十分検討の余地はあるかと思います。

 

家を建てる!ハウスメーカーVS大工、違いを解説!

さて、ここまで家を建てるためのハウスメーカーをランキング形式で解説してきました。

 

家を建てる ハウスメーカー 大工

 

では大工さんに頼んで建ててもらうのとは何が違うのでしょうか?まず、大工さんは地元密着で仕事をしています。

 

人とのつながりで仕事をお願いすることになりますので、その点はハウスメーカーよりも安心かと思います。

 

建てる家に関しても、大工の技術を生かした木の雰囲気と温かみを感じられるでしょう。

 

対してハウスメーカーはというと、工業製品の組み合わせが多くどちらかというとシンプルなイメージに仕上がります。

 

大きな違いとしては、大工さんは人であって、ハウスメーカーは企業ということです。

 

コストパフォーマンス、アフターメンテナンスなどはハウスメーカーの方が圧倒的に有利です。

 

木材加工においては大工さんの技術が一番ですが、それ以外の省エネやIoTなどの最新技術はハウスメーカーの方が上になります。

 

基本的に大工さんは個人でされている方がほとんどです。そこを理解した上で手仕事や人柄という意味では、ハウスメーカーにこだわる必要は無いのかもしれませんね。

 

家を建てる!建築士VSハウスメーカー、違いを解説!

今度は家を建てる際建築士にお願いする場合と、ハウスメーカーにお願いする時の違いについてです。

 

家を建てる 建築士 ハウスメーカー

 

建築士とは、いわゆる設計事務所の先生ですね。ハウスメーカーは自由設計でありながら、ある程度のルールが存在します。

 

それに対して建築士の場合は、まさにフルオーダー。法規と構造の制限以外は全く気にすることなく、あなたの思うがままかそれ以上の提案をしてくれます。

 

ただし、建築士にお願いする場合の注意点はコストです。ハウスメーカーと違い、一点物の仕事です。予定していた金額よりも、高い見積が出てくることはよくあります。

 

同じ大きさ同じ内容であれば、ハウスメーカーの方が断然安く仕上げることができます。

 

また、ハウスメーカーはアフターメンテナンスを優先しているため、施工や設計にも気を使っています。

 

それに対して建築士の場合、重視するのがデザインということが多いのでトラブルが出やすい可能性はあります。

 

先ほどの大工さんと同じですが、建築士の場合もやはり人。その上でデザインを重視するのであれば検討してもいいかと思います。

 

家を建てるハウスメーカーの口コミ

今回の家を建てる際のハウスメーカーランキング上位3社の口コミを集めてみました。

 

家を建てる ハウスメーカー 口コミ

 

【積水ハウス】
  • 業界トップの実績。長年にわたる実績が安心のハウスメーカーです。

 

  • 抜群のブランド力。高いという印象がありましたが、意外とお手頃な価格帯もあることを知りました。予算に合わせて選択できるのはうれしいです。

 

  • 引き渡しの時に床にキズがあったので手直しを頼みました。キズがあったところだけでなく、

    そこにつながるすべての床のワックスまでやり直していただきました。さすが大手のハウスメーカーですね。

 

【一条工務店】
  • 担当の営業さんが親身になって対応してくれたので決めました。

    限られた予算だったので、金額が高くなりそうなときは止めてくれたり。正直助かりました。

 

  • 屋根一体型のソーラーパネルだったので、自分たちが思っていたよりもたくさん乗せることができました。

    おかげで売電収入もローンの足しになっています。

 

  • 他のハウスメーカーとは違い床暖房が標準採用ということで、最初は驚きました。

    実際生活してみると、どこでも裸足で大丈夫だったり、今では無いことが考えられません。

 

【住友林業】
  • 思った以上に木の雰囲気があり、自然と調和した空間になりました。リビングが一番落ち着ける空間です。

 

  • 建築中の木材の大きさは圧巻でした。素人目にも安心感があります。住みだせば見えない部分ですが、これなら地震でも大丈夫と思いました。

 

  • 思った以上に自由な設計をしていただきました。おかげで自分たちの理想がすべて叶ったお家になりました。これからも大切にします。

 

家を建てるハウスメーカーの体験談

最後に、私もハウスメーカーで家を建てた体験談を書かせて頂きます。

 

家を建てる ハウスメーカー 体験談

 

ちなみに私はハウスメーカーで家を建てて2年になります。まずハウスメーカーを検討し始めたとき、住宅展示場を見に行きました。

 

ゴールデンウィークの時ですね。ちょうどイベントをしていたので家族で行きました。

 

その時は特定のハウスメーカーを考えていませんでした。たまたま入ったところがとても雰囲気が良く、妻も気に入ってしまいました。

 

対応してくれた営業さんも感じが良かったので、話を聞くことにしました。その時は話を聞いただけでしたが、その後本格的に家を検討しようということになりました。

 

他のハウスメーカーも気になりだしたので、同じ住宅展示場のすべてをまわりました。

 

インターネットでも情報を収集していましたが、ハウスメーカーの多さに少々戸惑ってしまいました。

 

いろいろ見た結果、最初に見たハウスメーカーが悪くないこと。担当してくれた営業さんの印象が良かったこともあり、そこで建てることになりました。

 

最初にフィーリングも大事ですが、最後は情報収集による比較が決め手になっています。

 

焦らず、一度すべてのハウスメーカーを回ったこともよかったです。おかげで後悔することなく、理想のお家に住むことができました。