家を建てる前の税金と後の税金、対策と手続き

家を建てる知識

 

家を建てる前の税金と後の税金について理解しておきましょう。必ず払わなくてはいけないお金ですので、対策と手続き方法を知ることは必須ですよ!

 

家を建てる費用にかかわる税金のすべて

家を建てる費用にかかわる税金をすべて紹介します。

 

家を建てる 費用 税金

 

費用にかかわる税金は大きく分けて2パターンあります。それは「家を建てる前」と「家を建てた後」にそれぞれ費用としてかかる税金です。

 

家を建てる前に費用として払う税金は3つあります。

 

  • 印紙税(契約時に貼る)
  • 登録免許税
  • 不動産取得税

 

です。これらは購入した「土地」や「建物」の評価額に依存しますので、一概にどれくらいの費用が税金として取られるかはまだわかりません。

 

家を建てる直前に必要になるので、これらの税金を払うために貯金しておきたいです。

 

家を建てたあとには「固定資産税」が毎年かかります。この固定資産税は、不動産を所得している人は払わないといけない税金です。

 

そのため、毎年のように家に関する費用がかかると思ってください。ただし、毎年評価額が下がるので、その分税金も減るので、費用は年々減少していきます。

 

家を建てる税金控除、どんなものがある?

家を建てる税金控除は、どんなものがあるのでしょうか。

 

家を建てる 税金控除

 

これらの税金控除は、新築で家を建てる人を支援するためのもので、「住宅ローン減税」が特に有名でしょうか。

 

住宅ローン減税は、住宅ローンの残り1%を、所得税や住民税から控除してもらえる政策です。

 

ローンが3千万円あるのだとしたら、その1%(30万円)も税金控除を受けることができるので、ぜひ確定申告しましょう。

 

もし、住宅ローンを使わず家を建てたとしても、家の構造によっては「投資型減税」を受けれる可能性があるので、確認してください。

 

他にも「登録免許税」「不動産取得税」「固定資産税」などの税金の一部も控除することが可能です。

 

例えば、「床面積が50平方メートル以上」といったように細かい条件はありますが、まずは市役所や税務署に確認してみてください。

 

他にも、家を建てる際に両親からお金を借りた場合、「贈与税」が発生しますが、申請さえすれば贈与税も控除されます。

 

ちなみに、金額として最大で400万円の税金が控除される可能性があるとされています。

 

家を建てる税金対策、必ず知っておいて方がよいこと

家を建てる税金対策の中でも、必ず知っておいた方がよいことを紹介します。

 

家を建てる 税金対策

 

税金択策を取るだけで、無駄な費用がかからなくなるため、ある種節約(節税)になるわけです。家を建てたあとの生活を安定させたいのであれば、知識として持っておきたいです。

 

その中でも、「固定資産税」は毎年払わなくてはいけないので、いつまでも家計を圧迫する可能性があります。しかし、実は固定資産税にも控除が適用されます。

 

例えば、持っている家が200平方メートル以上なら、固定資産税評価額が3分の1にされます。

 

他にも、バリアフリーや耐震住宅などの構造に関わる控除もあるので、税金対策したいのなら絶対にチェックしましょう。

 

他にも、税金に関する「優遇措置」も税金対策として有効で、例えば、「住宅ローン減税」や「贈与税(両親からお金を貰う場合)」も優遇措置がありますので、

 

これらの税金を払うことになったら、優遇措置を取って税金対策しましょう。

 

家を建てる税金手続きで忘れちゃいけないこと

家を建てる税金手続きで忘れちゃいけないことを紹介します。

 

家を建てる 税金手続き

 

税金手続きで忘れがちなのは、ズバリ「住宅ローン減税」と「投資型減税」に関する税金手続きです。

 

「不動産取得税」「登録免許税」などは条件さえ満たしていれば税金手続きの必要なく、勝手に控除してくれます。

 

しかし、住宅ローン減税や投資型減税は、ちゃんと確定申告等の税金手続きをしなくては控除されてくれませんので、忘れないようにチェックしておきたいです。

 

確定申告の方法に関しては、年末に市役所等の確定申告場所で詳しく教えてくれます。

 

ただし、最近ではコンピューターで確定申告したり、自宅で確定申告したせいで見逃してしまう人が多数いるようです。

 

そのため、確定申告しに行くときは、ちゃんと「税金手続きをしなくちゃ!」と頭に入れておきましょう。割と大きな金額が後になって返ってくることになるので、絶対に得します!

 

家を建てる時期による税金、消費税アップ前と後、どっちが良い?

家を建てる時期は、消費税アップ前と後、どちらがよいのでしょうか。

 

家を建てる 時期 税金 消費税アップ前 後

 

税金に関しては知識を全く持っていないという人も多く、消費税アップした想像ができない人も多いでしょう。そんな人は、消費税が上がる時期を考慮せず、家を建ててしまいがちです。

 

その時期を見誤ったせいで、税金面で損してしまう可能性があります。結論を先に言いますが、家を建てる適切な時期は「消費税アップ前」です。

 

消費税が上がれば「住宅ローン控除」などの税金にも関係する可能性があります。消費税が5%~8%になったとき、控除金額が大幅にアップしたからです。

 

しかし、現在は税金控除金額がアップすることは知らされていないので、時期はそこまで関係ありません。

 

ただ、税金ではないのですが「すまい給付金」が給付される可能性があるので、一応消費税が上がるより後の時期に購入したとして、良いこともあります。

 

家を建てるとき親からの援助に税金がかかる!贈与税を非課税にするには?

家を建てるとき、親からの援助に税金がかかることをご存知でしょうか?

 

家を建てる 親 援助 税金

 

親からの援助にかかる税金は「贈与税」といいます。親からの援助として110万円(年間)以上譲り受けた場合、親からの援助として貰ったいくらかの金額を税金として国に取られます。

 

ただし、ちゃんと税金控除の申告をすれば親からの援助でかかった贈与税は「非課税」にできます。家を建てる場合「住宅取得資金贈与の控除」を活用しましょう。

 

最大で1,200万円控除されます。

 

方法に関しては役所に行って申請(確定申告)するだけですが、あらかじめ「贈与税の申告書」と「住宅取得資金贈与の申告書」を持っておいたほうが円滑に申告できます。

 

住宅ローンを利用せず、親からの援助を利用する場合、絶対に覚えておいてください。

 

親からの援助は身内間での取引ですので、自分たちが税金について知っておかないと、大損してしまうかもしれません。

 

親の土地に家を建てるときの税金に注意!

親の土地に家を建てるときの税金に注意しましょう。

 

親の土地 家を建てる 税金

 

親の土地に家を建てる場合、

 

  • 「親から土地を貰う」
  • 「親に土地代を払うか」

 

この2択になることが多いですが、この2つは税金対応が全然違います。

 

まず、親から土地を貰う場合ですが、これに関しては実は税金問題はそんなに気にしなくていいです。

 

無償で親の土地に家を建てることを「使用貸借」というのですが、使用貸借は個人の取引で、税金面には関係しないからです。

 

しかし、親が亡くなって遺産として土地を相続し、親の土地に家を建てる場合は「相続税」がかかるかもしれません。

 

さらに、使用貸借だとしても自分が地代を支払った場合は、贈与税が課税され、税金分損してしまいます。

 

地代も親に払ってもらうか、こっそり親に地代を渡すようにしましょう。

 

逆に、親に土地代を払う場合、「時価と売買価格の差」がそのまま贈与税の対象になります。この場合は「土地の所有も自分」になるので、税金対策が必要です。